結婚式でのアテンドさんの役割とは?打ち合わせのポイント

アテンド

身支度も終わり、いよいよ結婚式がはじまります。

結婚式開始前に行うのが、アテンドさんとの打ち合わせ。

では、アテンドさんとは、どのようなことを打ち合わせるのでしょうか?

1つずつ確認していきましょう。

そもそもアテンドさんって?

まずは、アテンドさんが、新郎新婦にとってどのような存在なのか、お話していきます。

アテンドさんとは、結婚式の間新郎新婦に付いて、いろいろなサポートを行ってくれる方のこと。

プランナーさんが結婚式準備を全面的にサポートしてくれるのに対し、アテンドさんは結婚式当日の新郎新婦の身の回りのことをサポートしてくれます。

つまり、アテンドさんは、結婚式当日のおふたりにとって欠かせない存在。

アテンドさんとしっかり打ち合わせをして、サポートをしてもらいましょう。

アテンドさんとの打ち合わせではなにをする?

アテンドさんとは、結婚式当日に初めて顔合わせをするケースも少なくなりません。

そのため、まずはお互いの自己紹介。

自己紹介にあまり時間はとれないかもしれませんが、しっかりと顔を名前を覚えておきましょう。

自己紹介を行ったあとは、指示出しについて説明を受けます。

結婚式にはリハーサルがほとんどありませんが、アテンドさんとの打ち合わせで指示の方法などを認識しておきます。

たとえば、

  • 大きく手を叩いたら、「一例」
  • 大きく手を広げたら、「入場」

など、結婚式中は、アテンドさんの指示によって行動していきます。

しっかりと打ち合わせをして、どんな指示でどのような行動をするのか認識することが大切です。

また、アテンドさんは、ふたりのサポートをする存在。

もし式の最中に何かあった場合には、アテンドさんに報告してください。

アテンドさんは常におふたりのことを見ていますので、何かあったときは「小さく右手を挙げる」などサインを決めておくとよいでしょう。

アテンドさんとの打ち合わせは数分~十数分程度

結婚式当日は、ものすごく多忙。

ですから、アテンドさんとの直前の打ち合わせは、数分から長くても十数分程度しかありません。

短い時間ではありますが、しっかりと説明を覚えておくことが大切です。

とは言っても、何かあったときには、すぐにアテンドさんがサポートしてくれます。

あまり緊張していると、結婚式を思いきり楽しむことができなくなります。

アテンドさんが付いてくれていますから、リラックスするように心がけてくださいね。

アテンドさんのサポートを受けながら、ステキな結婚式にしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする