結婚式のキャンドルサービスのポイントと注意すべき点は?

キャンドルサービス

いよいよ披露宴も後半。

ロマンチックなキャンドルサービスを行う方も多いですよね。

今回は、結婚式のキャンドルサービスについて、お話をしていきます。

結婚式のキャンドルサービスを楽しむためのポイント

ゲストとのちょっとした会話を楽しんで!

まわるテーブルの数にもよりますが、1つのテーブルに滞在する時間は1~2分程度。

その間にゲストに声をかけられることも多いでしょう。

なにかと忙しい新郎新婦が一つ一つのテーブルまわることができるのは、このタイミングだけ。

わずかな時間ではありますが、ゲストとのちょっとした会話を楽しみましょう。

撮影を依頼している場合はどのテーブルでも笑顔で!

なかには、キャンドルサービスと同時にテーブル撮影を依頼している方もいらっしゃるでしょう。

撮影を依頼している場合には、1つのテーブルでの滞在時間が長くなりがち。

キャンドルサービス自体にやや時間がかかってしまうことが多いですが、どのテーブルも笑顔で楽しみましょう。

新郎側・新婦側どちらのテーブルも問わずに、飛び切りの笑顔を意識してくださいね。

ゲストがカメラを構えている場合はカメラ目線で!

キャンドルサービス中は、ゲストがカメラを構えていることも多いです。

そんなときは、目線をカメラに向けて!

笑顔のふたりを撮影してもらいましょう。

結婚式のキャンドルサービスの注意点

基本的にはアテンドさんの指示に従っていればOK!

キャンドルサービス中は、基本的にアテンドさんがしっかりと付いていてくれます。

「どこのテーブルにいけばいいかわからない…」なんてことにはならないので、安心してくださいね。

テーブル滞在時間などもアテンドさんが確認してくれているので、しっかりと指示に従いましょう。

安全面には注意して!

ロウソクの火ともいえども、火であることには変わりません。

会場によってはテーブルとテーブルの間隔が狭いこともあるので、火の取り扱いには十分注意しましょう。

一人のゲストと話しすぎないように!

キャンドルサービスは、テーブルを1つずつまわります。

ですので、仲の良い一人のゲストと話し込んでしまうのはNG。

ゲストとの会話を楽しむ場合には、「テーブル全体で」ということを意識しましょう。

まとめ

以上、結婚式のキャンドルサービスを楽しむためのポイントについてお話してきました。

キャンドルサービスは、ロマンチックかつゲストとの距離も近い演出。

ちょっとした会話を楽しみながら、素敵なひとときを過ごしてくださいね。

また、キャンドルサービス以外にも、個性的な演出がたくさん。

式場によって演出の種類は異なりますので、気になる方はほかの式場情報をチェックしてみましょう。

こちらの「結婚式場の情報が満載のサイト!」にはたくさんの情報が掲載されているので、ぜひ参考にしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする