披露宴終了から二次会までの間にはなにをするの?

二次会

披露宴もひと段落。

次は、披露宴よりもカジュアルな雰囲気の二次会です。

では、披露宴終了後から二次会までの間には、どんなことをするのでしょうか?

1つずつポイントをチェックしていきましょう。

披露宴終了から二次会までの間に行うこと

着替え

ドレスなど衣装が披露宴までのレンタルであれば、このタイミングで着替えを行います。

二次会用のドレスや衣装へと着替えましょう。

髪型やメイクが崩れているときには、しっかりと直してくださいね。

また、衣装が二次会までレンタルOKの場合には、着替えを行わず髪型やメイクのみを直すことが多いです。

会計

結婚式の費用が後払いの場合には、披露宴の直後にお会計をすることも。

持参したお金やご祝儀などから、会計をしましょう。

食事

披露宴中は新郎新婦にも料理が出てきますが、なにかと忙しくしっかりと食べられないケースも多いです。

結婚式場によっては、事前におふたりのリクエストを聞いて料理を用意してくれることも。

まだまだ一日は終わりません。

しっかりとスタミナをチャージしておきましょう。

二次会の幹事に連絡

おふたりの準備が整ったあとは、二次会の幹事に連絡します。

ゲストはすでに二次会会場にいるので、準備ができたタイミングですばやく連絡しましょう。

何時ごろに到着するのか伝えてくださいね。

二次会会場へ移動

やることがすべて終わったあとは、二次会会場へ移動します。

結婚式場内や近隣に会場がある場合には、スムーズです。

ですが、郊外の式場の場合には、街中の会場を用意していることもあるでしょう。

そんな場合は、タクシーで向かうのがベスト。

ゲストはおふたりを待っているので、できるだけ早めに二次会会場へと向かってください。

また、郊外でなかなかタクシーがつかまらない場合には、あらかじめ予約をしておくことをおすすめします。

なお、式場によってはタクシーを手配できる場合もあるので、スタッフの方に確認してみてくださいね。

二次会会場に到着

二次会会場に到着したあとは、すぐに入るのではなく再び幹事に連絡してください。

連絡を受けて、幹事がおふたりを出迎える準備をしてくれます。

どんな入場にするかは人それぞれなので、事前に幹事と打ち合わせをしておきましょう。

まとめ

以上、披露宴終了後から二次会までの間の流れについて、お話してきました。

披露宴はひと段落しましたが、一日はまだまだ終わりません。

二次会は、披露宴よりもゲストとの距離が近くなるシーン。

準備や移動をスムーズに行い、二次会を思いきり楽しみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする