結婚式の二次会を楽しむために気をつけたいことは?

二次会

披露宴後に一息ついたあとは、二次会!

結婚式や披露宴よりもゲストとの距離が近いので、アットホームなひとときを過ごすことができるでしょう。

今回は、二次会を思いきり楽しむために気をつけたいことを、チェックしていきましょう。

二次会を楽しむために気をつけたいこと

幹事さんとの連絡はこまめに!

披露宴終了後から二次会が始まるまでは、幹事さんとの連絡をこまめに取りましょう。

幹事さんが、新郎新婦の入場を考えてくれているケースも多いです。

挨拶は堅苦しくないものを!

二次会は、親しい人たちが参加するケースが多いです。

そのため、挨拶はくだけたものでもOK。

また、披露宴では新郎が挨拶する場面が多いため、新婦が挨拶を行うのもよいでしょう。

挨拶の例文としては、以下のようなものが挙げられます。

「皆さん、二次会にいらしてくれてありがとうございます。

結婚式・披露宴ではとても緊張していましたが、みなさんのおかげで素敵なひとときを過ごすことができました。

今日は、みなさんに楽しんでもらうため準備をしてきました。

ぜひ楽しんでいってください。」

挨拶の長さは、1~2分がベスト。

あまり長すぎるものはNGです。

ただし、どのような関係の方が二次会のゲストとして出席するかにより、文面を考えてください。

お酒の飲みすぎには注意!

新郎新婦は、披露宴が終わって緊張がほぐれるタイミング。

ついついお酒が進んでしまいますが、飲みすぎには注意。

主役のおふたりがベロベロになってしまっては、二次会も台無しです。

自分の飲める範囲でお酒を楽しみましょう。

特定の人と話しすぎない

二次会は自分の仲の良いゲストがくることが多いですが、特定の人と話し込んでしまうのはNG。

できるだけ全テーブルをまわり、感謝の気持ちを伝えましょう。

二次会は、あくまでも「自分たちの結婚式の二次会」。

日常的な飲み会ではないので注意してくださいね。

二次会のあとは?三次会には行くべき?

計画を立ててくれている場合はぜひ参加を!

幹事さんが二次会だけでなく、三次会の計画を立ててくれているケースもあります。

この場合には、せっかく計画してくれているので、ぜひ参加しましょう。

希望者だけで行く場合も

三次会の計画がない場合は、希望者だけで開催するケースもあります。

新婦と新郎がバラバラで三次会を行うことも少なくありません。

まとめ

以上、二次会を楽しむために気をつけたいことについて、お話してきました。

楽しい結婚式の一日も、そろそろ終了。

ぜひ、思い出に残る素敵な二次会を行ってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする